えころっじ杵築

 

エコのひみつ:地下水冷暖房システム

 

 

 

 

四季のある日本では、一年を通じて気温に大きな変動があります。冬は氷点下近くに、夏は摂氏40度近くになることも珍しくはありません。しかし、地下水(井戸水)の温度は、一年を通じて摂氏15度〜18度ほどで安定しています。

 

えころっじ杵築の床下には、敷地内に隣接する天然井戸からの地下水配管を張り巡らしてあります。このようにして、一年を通じて床温度を地下水温度(摂氏15度〜18度)に近づけることができます。氷点下近い冬では温かく、真夏の猛暑では涼しく感じることができる、自然の原理を利用したエコロジカルな冷暖房システムの完成です。地下水配管には、エコパイプ(潜熱・蓄熱剤入りパイプ)を併設、井戸水温の持つ冷暖房効果を増大させてあります。

 

太陽光発電の電気を利用したエアコン(ヒートポンプ)の効率を向上させる効果もあります。谷風を取り込むしつらいと合わせ、通年快適な空間となります。

 

えころっじ杵築には、人と地球に優しい空調システムが備わっています。